ビートルズ誕生までの簡単な歴史

1956
ジョン・レノンによるバンド<クォリーメン>誕生
    
後にポール・マッカートニーがメンバーに加わる
1957キャバーンクラブのステージに初出演
1958ポールの友人ジョージ・ハリスンがメンバー加入
    5人グループとなる
1958自費で1枚のレコードを作る
    2人脱退し、
ジョン、ポール、ジョージの3人となる
1959<ムーンドッグス>に一時改名

1962〜1970
イギリスの町リバプール生まれのロックバンド
The Beatles
グループ名の由来
ジョン・レノンが"beetle"(かぶと虫)と”beat”
の2つの意味を掛け合わせて作った
    <ビートルズ>に改名
1960ハンブルクで人気となるが諸事情からイギリスに帰る事となる
    スチュアート・サトクリフはそのままハンブルクに残り脱退(1962急死)
         〜この辺りはまでは映画「バック・ビート」で描かれている〜
1961レコード店経営者ブライアン・エプスタインキャヴァン・クラブでビートルズと出会いマネージャーとなる
    デッカ・オーディションを受けるが不合格
    しかしEMI系列で働く
ジョージ・マーティンの目にとまる事となる
1962EMIレコードからデビュー が決まる
    レコーディング直前にピート・ベストをクビ、
リンゴ・スター(本名:リチャード・スターキー)がメンバー加入

1962/10 THE BEATLES デビュー・シングル発売
          このとき    ジョン・レノン 21歳
                   ポール・マッカートニー 20歳
                   ジョージ・ハリスン 19歳
                   リンゴ・スター 22歳
1960スチュアート・サトクリフ がメンバー加入
    
<シルヴァー・ビートルズ>に改名
1960ピート・ベスト がメンバー加入 
1960トニー・シェリダンのバックバンドを勤め、「マイ・ボニー」がレコード化された
    ビートルズは「トニー・シェリダン&ザ・ビート・ブラザース」としてはじめて世に出ることとなった
このページはビートルズのマイナー時代を、少しだけ知る為のページです。
デビュー以降を知るには次ページへ。
 ・初歩のビートルズ基礎知識
 ・簡単なアルバム紹介(レコード・CD)
 ・有名なエピソード
 ・どんなアルバムがあって、何から聞けばいいのだろう?、、、他
 出口はこちら
   

VOLbon-Top
 ├
 ├
NEXT → The Beatles デビュー
Story-~1
デビュー前の時代背景

1950年代まで音楽といえばシャンソン、タンゴ、カントリー、ジャズ、クラッシック・・・
この世にロックというジャンルは存在しなかった

1950年中頃

ビル・ヘイリー&コメッツの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」
が大ヒットした
これはロックミュージック初のヒット曲で、この曲がロックの元祖とも言われとしている。
その後
エルビス・プレスリーを初め多くのロックが若者の音楽として広まることとなる。
しかし
大人達には「ただやかましい音」でしかなく受け入れがたいものだった。

ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人もまさにこの時代の若者だった

1962年
イギリスでビートルズが誕生し瞬く間にロック界のスターとなった
と同時に
それはロックに対して批判的な
大人達の批難の対象になる事でもあった。
      ポール・マッカートニー(ベース)       ジョン・レノン(ギター)
リンゴ・スター(ドラムス)       ジョージ・ハリスン(ギター) 
リーゼントに皮ジャン、これが売れる前のビートルズの姿
inserted by FC2 system